FLORAL DIARY

2020年2月

バレンタインフェア始まっております

バレンタインフェア3日目が終了いたしました。たくさんの皆さまにお出かけいただきありがとうございます。

写真は、美味しく可愛らしいPatisserieRさんのバレンタインのお菓子です。大切な方へのプレゼントにもご自分へのご褒美にも、もちろんふつうの幸せなおやつタイムにもおすすめです。

明日11日(火)は祝日ですが、定休日でお休みをいただきます。会期は14日(金)まで続きますので、どうぞお出かけくださいませ。

ダイアリーも本来ならば初日にお写真掲載したかったのですが、この3日間は本当にバタバタあたふたの3日間でした。なぜかと言いますと、スージークーパーのお品のお問い合わせ、ご購入、ご配送が大変多かったため。と言うとピンときて下さった方も多いでしょうか。

私も大好きで出来るだけ欠かさず観ているNHKの「世界はほしいモノにあふれてる」という番組があるのですが、今回は「英国ティー文化」が特集だったのです。毎回それぞれの分野のバイヤーさんに密着し買付などの様子が放映されるのですが、今回のバイヤーさんは、英国アンティーク食器や家具販売の老舗タスマンインターナショナルさんの岩谷さん。スージークーパーなどティタイムにまつわる食器を番組でご紹介くださったためと思われます。

スタジオでJUJUさんと三浦春馬さんがスージークーパーのカップ&ソーサーを手にして「なんでこんなに心ときめいちゃうんだろう」「これからこういうのが流行るといいのに」というような事をおっしゃってくださったのをテレビの前で聞いて私も「うんうん。」「そうそう。」「ほんとにほんとに。」とのんびり思っていたのは嵐の前の静けさだったのでした。

ご存知の方も多いと思いますが、スージークーパーは日本で30年ほど前に大ブームがあり、その頃は私はまだ学生で知らないのですが、大変な高値になってしまっていたそうです。現在ではそれも落ち着いていますので、私は純粋に他にはない淡い色合いと柔らかなデザインが好きで今でも見つけると買付けています。女性デザイナーであり、経営者としてキャリアウーマンの先駆けだったスージークーパー。イギリスではV&A博物館に作品が所蔵されている有名な陶器デザイナーですが、日本でも以前のブームを知らない世代にも知っていただけて生活の中に素敵に取り入れていただけたらいいなと思いました。