FLORAL DIARY

明日のお休みのお知らせです

素晴らしい秋晴れが続いていますね。

紅葉もずいぶん進んできましたが鎌倉の紅葉はまだまだこれからです。

先々週のお写真ですが、母たちが鎌倉に来るので、秋のバラがどんな具合か下見を兼ねて出かけた鎌倉文学館です。

バラはちょうど見ごろを迎えていました。春のバラの季節のように花々が溢れるような感じではありませんが、一輪一輪をゆっくり拝見するにはとても良い感じですね。お庭に誰もいなくなった時にはマスクを外して深呼吸し、バラの香りも楽しみました。

旧前田侯爵家別邸であった文学館本館は、ハーフティンバーを基調とする洋風と切妻屋根と深い軒出などの和風が混在するスタイル。内部も随所に和洋折衷が見られます。

建物の美しさもさることながら、窓からの素晴らしい景色もまた何度も訪れたくなる所以です。半六角形の張り出し窓の当時のままの古いガラス越しに見る庭園と海は、三島由紀夫の「春の雪」に描かれたそのままの光景です。

館内では、10月4日から12月23日までは「川端康成・美しい日本」が開催中です。

直筆の原稿や書簡とともに、執筆に使われていた鎌倉彫の机や、所蔵のロダンの「女の手」などもさりげなく展示されていて、当時の光景を想像させてくれます。

来年1月からの展示は、「作家 身のまわり」展だそうで、万年筆や印章、机などが展示されるそう。小津安二郎の可愛いらしい赤いやかんなどもあるそうで、こちらもとても楽しみです。

 

最後にフローラルのお知らせです。

明日11月5日(木)はお休みさせていただきます。

また、来週12日(木)もお休みさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment