FLORAL DIARY

シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ/コナン・ドイル/ヴィクトリア朝研究家の田中喜芳先生。

最も権威あるホームズ研究団体「ベーカー・ストリート・イレギュラーズ」の日本人二人目の会員で、ホームズに関して多数のご著書・翻訳書があります。

先生にお目にかかるまで、私はシャーロック・ホームズはあまり読んだことがありませんでした。先生の上品な英国紳士のような柔らかな口調と英国に関しての幅広いご見識に、シャーロック・ホームズにも俄然興味が湧きだして、遅ればせながら読むようになりました。

上の写真はその田中先生の新刊「シャーロック・ホームズ トリビアの舞踏会」です。難しい研究本ではなく、トリビアが詰まったエッセイ集です。目次からいくつかピックアップしてみても、

第1章 シャーロック・ホームズは起業家

1. ベーカー街221B

3. モデル

10. 名探偵の食事

第2章 コナン・ドイルをスキャンする

13. ドイルと柳田國男

14. 聖書

第3章 「ホームズ物語」の隠し味

24. 手紙

25. 教会

27. ワークライフバランス

28. 暗号

30. 告白

第4章 一夜で誰もがヴィクトリアン

33. ホテル

34. 「ホームズ物語」に見る女性の自立

35. ヴィクトリア朝を語るには

36. ガヴァネス

43. 紅茶

第5章 シャーロッキアンには明日がある

45. 絵画

48. ホームズのヨコハマ

第6章 出会ったら最後

55. コーンウォール

65. 「出会い」について

私もまだ読み始めたばかりなのですが、その他も面白そうな65のエッセイがぎっしり詰まっており、マニアックな本ではないので、シャーロック・ホームズをすでによくご存知の方も私のような初心者にも楽しく読める一冊です。素敵な表紙絵と挿絵も先生によるものです。

まだしばらくはお家の中で過ごす時間が多くなりそうです。適度な運動と睡眠、食事で免疫力を保って心も健やかにいなくてはなりませんね。普段なかなか時間を取ることが出来ない読書にはちょうど良いかもしれません。

あ、違う違う、私はのんびりしている場合ではなくて、オンラインショップの更新しないといけないのでした😅

「シャーロック・ホームズ トリビアの舞踏会」シンコーミュージック・エンターテインメント ¥1,500+税

 

☆☆☆

多くの小さなお店がそうであるように、フローラルも細心の注意を払ってお店を開けております。

換気、清掃、自身の手洗い、アルコール消毒を常に心がけております。

外の門は閉めておりますが、インターフォンを鳴らしてくださいませ。再度換気をした後にお入りいただいております。

☆☆☆

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment