FLORAL DIARY

ナショナルトラスト

イギリスで設立されたナショナルトラスト。「歴史的に意味のある、また、美しい土地や資産を永久に保存するよう促すこと、土地については、可能な限りその土地本来の要素や特徴、動植物の生態を保存すること、そしてこの目的のために、資産の所有者から歴史的建造物や景勝地の寄贈を受け、その資産を国民の利用と楽しみの為に信託財産として保持すること」という理念のもとに、現在400万人以上の会員と6万人を超えるボランティアが支える英国最大の自然保護団体です。

また、私たちは、入場料を支払うことによってその美しい景観や庭園、城址などを楽しむことが出来ますので、観光と自然保護という一見相容れないような両立が、サステイナブルツーリズムとして成り立っているのが素晴らしいなと思います。

写真は、ナショナルトラストからKew Gardens(キュー王立植物園)にリースされているという珍しい植物公園・Wakehurst Place Gardenです。

500エーカーもの広大な土地に四季折々の植物が植えられ、美しく手入れされた緑の中に小道が続き、池や湖も配置されています。

唯一の建物は、1590年に建てられたもので、1903年に実業家であり、政治家であるウェイクハースト男爵が購入し、その後数十年をかけて周りの素晴らしいガーデンを作ったのだそうです。プラントハンターのスポンサーにもなった男爵は世界中から収集された珍しい植物の種を取り、育てました。男爵の死後は、テイラーとして財をなし、同じように植物への造詣が深かったプライス卿が購入し、夫人とともにさらに美しいガーデンへと発展させます。1963年、ナショナルトラストに遺贈され、1965年にナショナルトラストからKew Gardensにリースされ現在に至ります。

この日も、小さなお子さんを連れたご家族やご高齢のご夫妻などがのんびり過ごされていましたが、4,000円ほどで年間パスを購入することも出来ますので、近くならば、毎週末、毎日だって散策することが出来るのです。羨ましいですね。

ナショナルトラストの施設では、観光地のように派手なものではもちろんないですが、小さなカフェやショップが併設されていることが多く、そのショップを訪れるのも楽しみの一つです。イギリスのカントリーライフを支えるガーデニンググッズやステーショナリー、本、お洒落なレインコートやレインシューズ、ワークブーツ、ファッショングッズまで、素敵なものがたくさんあるのです。

フローラルには、ナショナルトラストオリジナルのクリスマスカードや、来年のカレンダーやティタオルなどが入荷しております。

どうぞお出かけくださいませ。

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment