FLORAL DIARY

通常営業いたしております

 

夏休みを頂戴しておりましたが、8月29日(土)より通常営業いたしております。

Withコロナの夏。感染拡大防止と地域経済を両立する観光のスタイル、マイクロツーリズムを実践してみようと私にとってはもちろん、母にとっても自宅から2時間圏内である鎌倉を一緒に楽しんでみました。

もはや市内どの業種、店舗においてもコロナ対策を行っていないところはないと言っていいほどだと思います。後は私達自身が三密を避ける、風通しが良いことを念頭において、この猛暑ですからコロナだけでなく熱中症にならないよう、無理せず休憩を多めに、近くても無理に歩かず、車での移動を心がけ、駐車場が併設もしくはすぐ近くにある所を選びました。時系列は前後しますが、2日間の鎌倉のんびり旅です。

こちらは、鎌倉五山第五位の寺格をもつ臨済宗建長寺派の古刹・浄明寺です。

源頼朝の忠臣で剛勇の士であった足利義兼が1188年に創建。

足利義満が鎌倉五山の制を定めた一番華やかな頃には、塔頭23院を有する大寺院だったとのことですが、火災などのため徐々に衰退し、現在は総門、本堂、客殿、庫裡のみとなっています。

駐車場から北に少し歩き、山門を上がると、すぐに国指定史跡である境内が現れます。ちょうど庭師さんが入っていたこともあるでしょうけれど、美しく整えられた庭園と真夏の青空のコントラストが美しく、まるで絵葉書のようでした。

写真真ん中の本堂は、銅板葺の寄棟造で、ご本尊は釈迦如来です。

浄明寺さんで楽しみなのは、本堂横の喜泉庵でいただけるお抹茶か、山を上がったところにあるイングリッシュガーデンと石窯ガーデンテラスでいただくアフタヌーンティーか。

今回は、坂を上がってイングリッシュガーデンを拝見するには暑すぎましたし、喜泉庵さんを見ると先客もいらっしゃらなかったので、休憩をさせていただくことにしました。現在の庵は1991年に復興されたものだそうで、1500年代には五山の僧が一堂に会して茶を喫したと言われています。

枯山水の庭園を望むお茶室でいただく冷たいお抹茶と美鈴さんの錦玉「清流」と「琥珀(でしたか?)」は格別の美味しさでした。美味しいお抹茶にお菓子をいただき、枯山水を眺め、目を閉じて水琴窟の微かな音に耳を傾ければ、瞑想をした後のようにゆったりとした気持ちになります。すぐ近くの報国寺さんの竹林の中のお茶席も素敵ですが、こちらのほうが人も少なく、ゆっくり出来るように思います。

稲荷山・浄明寺

鎌倉市浄明寺3-8-31

9:00~16:30

 

こちらは、鶴岡八幡宮内の鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム(旧神奈川県立近代美術館)です。

1951年11月、建築家・坂倉準三の設計で日本初の公立近代美術館として鶴岡八幡宮内に会館し以降多くの方に愛された神奈川県立近代美術館ですが、鶴岡八幡宮と県の土地の借地契約満了に伴い閉館が決まりました。契約書に、「契約満了時には土地を更地にして返却する」という条項があると発表されたため、この素晴らしい建築物がまさか壊されるのかと恐れましたが、神奈川県指定重要文化財に指定され、県から鶴岡八幡宮に土地の返還と合わせて無償譲渡された後、昨年6月に耐震工事を終え、鎌倉文華館 鶴岡ミュージアムとして新たなスタートをきりました。

リニューアル後は初来訪です。

検温、マスク着用、手指消毒後の入館です。

現在は、「特別展 雪洞 ぼんぼり1938-2017」が開催中で、厳選された過去のぼんぼり作品を拝見してきました。鶴岡八幡宮のミュージアムという事で、チケット売り場や、学芸員さんが座る椅子に座っていらっしゃるのも皆さん巫女さん(!)とても新鮮でした。

池に反射した光がキラキラと天井に煌めくピロティはそのままの美しい景色です。

今回全く新しく併設されたカフェ。以前の趣のある本館の喫茶室がなくなったのは寂しいですが、新しいカフェは広々として明るくとても気持ちの良い空間でした。店内には、2010年に倒れてしまった大銀杏の一部が展示されています。癒しの空間ですね。

コロナの影響からというわけではなく最新の機器が導入されており、タッチパネルで自分で注文してお会計を済ませ、出来上がったらカウンターに受け取りに行くシステムで、店員さんとの接触機会はとても少なくなっています。

普段は夏でもあまり氷も冷たい飲み物もいただかないのですが、あまりの暑さに、カフェの外に出ていた「日光蔵元松月の天然氷」の旗に誘われるようにカフェに入り、迷わずかき氷をいただきました。「いちごミルク」と「珈琲にほうじ茶アイスとコーヒーゼリー」ボリューム満点!美味しくいただきました。

鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム(鶴岡八幡宮内)

10:00~16:30(入館は16:00まで)

カフェ

10:00~17:00(ラストオーダー16:30)

月曜休館

 

続きはまたにさせてくださいませ。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment