FLORAL DIARY

ミルクガラスのプレート

暑いときには暑いと言わない方がよいとは思いますが、お暑うございます。

フローラルの庭木は前のオーナーの方が植えたものをそのまま大切にしているのですが、今は、百日紅がぐんぐん伸びて、とてもきれいに咲いてくれています。濃い色がそんなに得意ではなかったのですが、青空に映えるはっきりとしたピンクがこの閉塞感のある夏を元気にしてくれるようです。

栗原はるみさんがお庭の百日紅を切ってお部屋に飾っていらっしゃるお写真を拝見して、私も少し切ってみました。

濃いピンクに合わせて、ミルクガラスのプレートを出してみました。

アメリカのマクベスエバンス社のアメリカンスウィートハートです。

アメリカのミルクガラスというと、ファイヤーキングのようなぽってりとした厚みのあるものを想像する方が多いと思いますが、マクベスエバンスのものは透けるような透明感があり、花びらを模ったような優雅なデザイン(ペタルウェア)が特徴です。

こちらは、ディプレッションガラス全盛期の1930年から1936年にかけて作られたものです。ディプレッションガラスとは、その名の通り1929年アメリカの株価大暴落に端を発した大恐慌(Great Depression)時代にアメリカで作られたプレストガラス製品の総称です。先行きの見えない暗い時代、食卓だけでも明るくしようと色彩もデザインも華やかなものが多く作られ、アメリカ国内だけでなくヨーロッパ諸国にも広く輸出され、人気を博しました。

それで選んだわけではないのですが、くしくもコロナ禍で世界中があの当時と同じような状況にある今、少しでも明るい時間を過ごせるような器をついつい並べていたのかもしれません。

今日もまた、暑い中畑で収穫されたばかりのお野菜を頂戴したり、農家さんが送って下さった果物のおすそ分けをいただいたり、お心遣いと大地の恵みに感謝する一日でした。お野菜はそのままいただいたり、シンプルに焼いたり、果物もそのままいただくのが一番美味しい!気に入った器に盛れば、気分も盛り上がります。ありがとうございます。

表面はカトラリーの跡などもない良い状態ですが、裏面にミルクガラス特有のねりがございますので、状態に関しましてはお問い合わせいただければ幸いです。

φ23cm

@4,000円(税別)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment