FLORAL DIARY

フェルメール展

気持ちの良い行楽日和の週末でしたね。皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。

先日フェルメール展に行って参りました。

VERMEER 9/35

わずか35点とされる貴重な現存作品のうち、日本美術展史上最大の9点が来日という意味のキャッチコピーだそうです。

フェルメール作品9点は、順路の最後に位置するフェルメールルームに一同に展示されていますが、その前に17世紀オランダ絵画の傑作50点も見ることが出来ます。

「光の魔術師」「謎に満ちた作品」「フェルメール・ブルー」と、様々に形容される作品一点一点の素晴らしさはもちろんなのですが、やはり「フェルメールルーム」に足を踏み入れると全部フェルメールというのはクラクラとするぐらいに圧倒されます。

窓から降り注ぐ朝の光が美しい「牛乳を注ぐ女」。所蔵のアムステルダム国立美術館はこの作品を「疑問の余地なく当美術館でもっとも魅力的な作品の一つ」としています。メイドが静かに牛乳を注ぐ音が聞こえてきそうな日常のさりげないワンシーンが描かれていますが、ふんだんに使われた印象的なブルーは、当時聖母マリアを描く時に使われていた高価で貴重なラピスラズリが原料になったもの。壁の下に配置されているデルフトタイルのブルーも美しいです。

フェルメールの作品には、たくさんの暗示やメッセージが込められているそうですが、そのような学術的な解説を聞いて見るのも良いですが、先日放送された日曜美術館のフェルメール展特集で、イッセー尾形さんが妄想のセリフを付けていらっしゃるのを拝見して、自由勝手に想像や妄想しながら見るのも楽しいと思いました。

さて、今回の展示は日時指定入場制で事前にチケットを予約購入しなくてはなりません。私はその日は、13時に日本橋で用事がありましたので、11時の会なら行けるかも!と当日朝に急に思い立ち、スマートフォンから購入しましたが、私の場合なかなか時間がかかりましたので、出来れば前日までに済ませておくことをおすすめいたします。思い立ってパッと行きたいとか、空いた時間にサッと行きたい場合にはちょっとハードルが高い方式ですが、何時間もの行列よりはずっと有り難いですね。

私が申し込んだのは「11:00~12:30」の回なのですが、これは鑑賞時間ではなくて、入場時間で、入れ替えもありませんので、11:00から12:30の間であればいつ入っても良いのです。各時間の最初は行列すると聞いていたので、11:30過ぎに行ったのですが、これがまた、、皆考えることは同じのようで、行列で入場まで20分待ちとのこと。チケットを買っていなければ確実に諦めたところですが、すでに2,500円のチケットを購入済みなので並びました。行列には驚きますが、人数が制限されていますので入場は非常にスムーズでした。各回予約人数に達していなければその場で購入も出来るそうです。

フェルメール展 東京
会期 2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)
休館日 12月13日(木)
開館時間 9:30~20:30
開館時間の変更もありますので、詳しくはこちらでご確認下さい。
会場 上野の森美術館 〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2

ナショナルトラスト・2019ティタオルカレンダー

先日お知らせいたしましたナショナルトラストの来年2019年度ティタオルカレンダーはご好評につき完売となっております。ありがとうございました。今月末よりイギリスに買付けの旅に出ますので、もしご希望がございましたら、こちらのお問い合わせフォームよりお申し込みいただければ現地にて購入して参りますので、ご連絡くださいませ。

原村・イングリッシュクリスマスフェア

今年も八ヶ岳連峰の麓の美しい村・原村にてクリスマスフェアが開催されます。フローラルも参加させていただくことになりました。

今頃からちょうど紅葉が見頃ななり、フェアが開催される11月中~下旬頃には、すっかりヨーロッパの冬のような印象になる原村です。

原村からは

リラクゼーションとハーバリウムワークのリトルケアさん

Ironwork と Homespun (手織り)の作品を手がけるatelier KAHIKAさん

自家焙煎珈琲豆工房 珈さん

茅野市 からは

可愛らしい羊毛の動物などを作っていらっしゃいます 羊毛クラフト工房 ひつじさんの便りさん

富士見町からは

世界のお茶の産地を巡り、オリジナルブレンド紅茶を手がける Camellia NicoTeaさん

ハンドメイドスピーカーを作っていらっしゃる MH audioさん

北杜市から

ハーブ&ドライフラワーの老舗、清春アンデルセンさんは、リースや雑貨もたくさん作成されています

名古屋から

愛らしいヴィクトリアン雑貨を販売するLe Rubanさん

仙台から

コッツウォルズの石積の免許を取得されたガーデナーで、ガーデニング雑貨も扱うSwallowtail Gardenさん

東京から

ロンドン公立オークランドカレッジのフローリスト科にて学ばれ、その後もイギリスでキャリアを積んで帰国されたフラワーデザインと雑貨のAnglaiseさん

本場英国のマーマレードアウォードで金賞を獲得されているEnglish Kitchenさん

そして、鎌倉から

いつも私がお世話になっていて、こちらのフェアの協賛をされている、英国アンティーク ハウスオブポタリーさん

ギャッベ、キリム、ペルシャ絨毯を扱う シャーロムさん

ガラスとシルバーアクセサリーの MOANA さん

今年も私自身が今からとても楽しみです。またご紹介いたしますが、豪華なワークショップやコンサートも予定されています。

昨年は、地元の方々、原村の別荘の方々を中心にたくさんの方がお越しくださいましたが、八ヶ岳、蓼科、軽井沢など、近隣にはB&B、ペンション、ホテル、温泉旅館など宿泊施設もたくさんあります。神奈川県からは、中央道が開通しましたので車でのアクセスもとても便利になりました。晩秋の連休、ぜひ原村でご一緒に過ごしませんか。皆さまのお越しを心よりお待ち致しております。

日程:

2018年11月23日(金)12:00~17:00

11月24日(土)10:00~17:00

11月25日(日)10:00~15:00

場所:八ヶ岳自然文化園大研修室
お車の場合:
中央道・諏訪南ICより15分
小淵沢ICより20分
電車の場合:
JR中央線・富士見駅下車タクシー20分
駐車場は八ヶ岳自然文化園をご利用下さい

そして、

終了後フローラルは、そのままイギリスの買付けに旅立ちます。

12月11日(火)までお休みをいただき、14日(金)~24日(月)は、フローラルにてクリスマスフェアを開催致します。イギリスからの新着のクリスマスグッズもたくさんご用意する予定です。

そしてそして、

26日(水)27日(木)は、長らくお待たせしております韓国のアクセサリー作家さんの買付けに韓国に弾丸で行って参りますのでお休みを頂戴いたします。

そうするともうすぐにお正月ですね!すでに福袋のご予約もいくつも頂戴しておりまして、有り難いのと同時にドキドキ。。早くご紹介ページも作らないと。。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

鎌倉観光

気持ちの良い秋晴れが続いていますね。

お休みをいただいていた先日、中国とフランスから来た友人たちを案内して、久々に一日鎌倉観光をしてきました。

3人共初めての鎌倉とのことでしたで、日頃の仕事の疲れを癒やしてもらうべく、まずは竹林の美しい報国寺へ。報国寺は1334年(建武元年)開山の禅寺で、約2000本の孟宗竹の庭で有名です。庭内にはお茶屋があり、この庭を観ながらお抹茶をいただくことが出来ます。フランスや中国では「抹茶」というより「Matcha」が浸透しており抹茶のお菓子は皆大好きだそうですが、お抹茶は未経験とのことで、ぜひにといただいてきました。癒やしの空間とお抹茶とお干菓子の取り合わせに感動してくれました。

報国寺は関東における足利公方終焉の地で、足利家時他一族のお墓がこちらのやぐらです。

やぐらとは平地の少なかった鎌倉特有の墳墓のことで、岩肌をくり抜いて作られた横穴式墳墓です。

凛とした静寂に包まれています。

 

さて次は、銭洗弁天へ(銭洗弁財天宇賀福神社)。

初鎌倉なら他にも先に行く所あるでしょうとお思いでしょうが・・今回は、皆それぞれが新事業の展開を控えており、半ば冗談もあって、「皆にすごくすごく必要なところに連れてってあげるから!!」ということでお連れしました(*^^*)。境内の奥の洞窟に鎌倉五名水の一つである水が湧いており、そちらでお金を洗うと、何倍にもなって帰ってくるという言い伝えがあるのです。

お参りを済ませて早速お金を洗いに。ほんと、性格が出て面白いですが、ザルに小銭だけを入れて控えめに洗う人と、硬貨からお札まで全財産を全て洗う人。そのあと全てのお店で濡れたお金を使わなくてはならない事に( ;∀;)「すみません、銭洗弁天でお金を全部洗ってしまいお金が全部濡れていて」と代わりにお詫びすると、「いいんですよ!洗ったお金はすぐに使って経済を回すとお金が何倍になって戻ってくるのですから」と皆さま一様におっしゃってくださいました。ありがとうございます。でも確かに理に適ってます。

もやい工藝さんで器などを求めたあとは、茶房雲母(さぼうきらら)さんへ。平日でも行列しているし、休日は2時間待ちのこともあると聞いていたので、中々機会がなく、私も初めてお邪魔しました。平日で、時間的にも16 時過ぎとタイミングが良かったのでしょうか、数分待っただけで席に案内していただくことが出来ました。いただいたのは、全員一致で、「抹茶白玉クリームあんみつ」❣出来たてほやほやのあたたかい状態で供される、大きな白玉は絶品でした。ここに抹茶のシロップをかけていただきます。

ほうじ茶と、嬉しいことにお口直しのお漬物と昆布茶もついてきます。フランス人の友人にはこれが不思議だったようで、これはお口直しや甘みを際立てる為にあるもので、フランス料理のコースの途中のソルベみたいなもの(違う?)と説明したのですが、それはどうもわからなかったようですが、抹茶白玉あんみつには、大満足で、あまりのボリュームにギブアップ寸前だった私の分もペロリと食べました。

最後は、てんぷら「ひろみ」さんで美味しいてんぷらのお夕飯をいただき、鎌倉観光を終えました。

本当は、まだまだお連れしたいところはありましたが、また次の機会を楽しみにしていただきましょう。

秋の気持ちの良い鎌倉散策へどうぞ皆さまもお出かけくださいませ。

そして、フローラルにもお立ち寄りいただければ幸いです。

ナショナルトラスト・ティータオルカレンダー2019

英・ナショナルトラストのリネンティータオルカレンダー2019が入荷しております。

長きに渡りナショナルトラストのティータオルカレンダーをデザインして来た、ティータオルのクイーンと呼ばれるテキスタイルデザイナー・Pat Albeckデザインによるものです。残念ながら2017年に他界され、昨年のデザインが最後と言われていたのですが、亡くなる前に2019年分まで出来上がっていたのですね。こちらが彼女によるデザインの最後となります。

2019年のデザインは、丘から岬への散歩と人々の生活を描いたイギリスらしいデザインです。

下の写真がPatさんと昨年2018年のカレンダーです。可愛らしさと大人の雰囲気両方を持ち合わせるフローラルデザインが大好きだったのでとても残念です。

例年通り、しっかりとして張りのあるリネン100%で、洗えば洗うほどに柔らかくなり、吸水性も素晴らしくなります。イギリスでは、その年はカレンダーとして壁にかけて使い、翌年からおろしてティタオルとしての本来の役割、お皿を拭いたり上にかけたりして使うのだそうですよ。リネンはお洗濯後乾くのも早いですからお使いの方も多いと思いますが、こんな可愛らしいデザインだとキッチンに立つのも本当に楽しくなります。フローラルではカレンダー以外にもウィリアムモリスデザインなど、たくさんのティータオルをご用意しております。

75cm×49cm

¥1,800(税別)ご購入はこちらからお願いいたします。

こちらの商品のご配送は、通常の宅配の他に「ゆうパケット」をご利用いただけます。ポストへの投函となりますが、土日も配送があり、追跡サービスもございます。

 

明日火曜日定休日から18日(金)までお休みを頂戴いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。