FLORAL DIARY

5周年感謝フェア最終日です

5周年感謝フェア、本日最終日となりました。

何と可愛いカップケーキでしょうか!Patisserie R 田中玲子さんがお祝いにと作ってくださいました(;_;

たくさんの小さなカップケーキの上のバラの花びらのデコレーション、想像しただけで気が遠くなりますよね。感謝の気持ちでいっぱいです。あまりの美しさに皆さん写真を撮っていかれます。これは売っていないのですか?とたくさん聞かれました。こんなカップケーキ屋さんがあったら行列間違いなしですね。

奥のボックスフラワーは友人からのプレゼント。10代の頃からの仲良しはさすがに好みも雰囲気もぴったりわかっちゃうね。本当にありがとうございます。

 

また別の素敵な方からの贈り物の胡蝶蘭。私には分不相応な美しさですが、これからの5年も頑張ります!ありがとうございます。

イギリスでもクラシカルなお洒落なインテリアの邸宅には必ずと言っていいほど飾られている蘭の花は私の憧れ。その歴史は古く、19世紀初頭に南米からイギリスに持ち込まれて以来、貴族たちを中心に大流行となり、オーキッドハンターによって競うように集められ様々に品種改良されてきました。現在でもロンドンの花市場に行くと、豪華なものから、ミニチュアサイズのような可憐なものまで、たくさんの蘭の鉢があり見るだけでもとても楽しいのです。

最後になりますが、ほんとうに、これは私が皆さまに感謝をお伝えするべきフェアで、皆さまにお会いできるだけで嬉しいので、どうか、手ぶらでお気軽にぶらりとお越しくださいませ。

フェアは残り一日となりました。連休も最終日、のんびりとした一日を鎌倉でお過ごしになりませんか。皆さまのお越しをお待ちいたしております。

 

6年目ありがとうございます

 

昨日21日(金)よりフローラル5周年感謝フェアを開催しております。昨日は冷たい雨にも関わらず、たくさんの方にお越しいただきまして本当にありがとうございました。ずっとおしゃべりしっぱなしの楽しい一日となりました。そして、今日は雨も上がりまして、またたくさんの皆さまにお会いできました。皆さまに支えられての5周年であることを実感しております。6年目も誠実に頑張って参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

上の写真は、Patisserie R 田中玲子さんが作ってくださった5周年クッキー。とっても可愛らしくて、シンプルな生地の美味しさが際立つ美味しいクッキーです。

見るだけでワクワクする玲子さんの焼き菓子です!

ギネスケーキは、レーズンやくるみ、イギリス原産の青りんごブラムリーを加えたフルーツケーキで、焼き上がりにギネスビールを染み込ませたもの。しっとりですがふんわりとしています。

ベイクウェルタルトレットは、タルト生地の上にラズベリー、いちご、ルバーブの特製ジャムを敷き、アーモンドクリームを絞り入れて焼いたもの。

フロランタンショコラは、厚めのココアクッキーの上にスライスアーモンド、ヘーゼルナッツ、カカオニブをキャラメルでまとめて焼き上げたもの。

お花のジャムサンドクッキーは、プレーンのクッキー生地に玲子さん特製のあんずジャムが挟まっています。

 

こちらは、blooms by asuka yamanaka 山中あすかさんのブーケ。秋のモーヴカラーのバラと、オクラ(!)、ワレモコウ、セダムなど大人の雰囲気です。

5周年フェアは、24日(月・祝)までです。

皆さまにお会いできますことを楽しみにお待ち致しております。

 

5周年感謝フェア

 

明後日21日(金)~24日(月・祝)までフローラル5周年感謝フェアを開催いたします。上の写真のカードが、5周年のお知らせのカードなのですが、今回準備不足でお送りするべき皆さまにお送りすることが出来ませんでした。申し訳ございません。もちろんカードをお持ちでなくても、ダイアリーをご覧いただいた皆さま、ご来店くださいました皆さま、期間中20%オフ感謝セールでございます。(委託のお品は除きます)

いつも皆さまに楽しみにしていただいておりますPatisserie R 田中玲子さんのお菓子と共に、藤沢の老舗紅茶専門店・ディンブラさんの紅茶を今年も販売させていただけることとなりました。

ディンブラさんでは、紅茶のフレッシュさをとても大切にしていらっしゃいます。今回フローラルにて販売させいいただくのも、8月に東京通関を通過したばかりの秋の新茶です。私達も日本では、新米、新茶、初〇〇と旬で新鮮であることをとても大切にする文化がありますので、この言葉にはどうしてもワクワクしてしまいますね。

2018年秋のディンブラさんのセレクションは、「食べ物やスイーツに合わせて相性を良くするテイストの紅茶」とのこと。合わせるお菓子や食べ物を引き立てるために、紅茶の香りが強すぎないよう、美味しく、すっきり、一口目の美味しさにすばやくリセット出来る紅茶だそうです。

「ウバ」は、ティウィズミルクで洋菓子やチーズ系の食べ物に。

「ディンブラ」は、パウンドケーキや焼き菓子に。ティウィズミルクではチョコ系に。

「キャンディ」、「J.テーラーズ」はどのジャンルのお食事にも濃さを加減しながら合わせていただけるセレクションです。

ディンブラのオーナーで紅茶研究家である磯淵猛さんの、たくさんの美味しい紅茶の入れ方の教えの中から、茶葉の量と蒸らし時間、それから低温殺菌牛乳を常備することだけは必ず守って、今日も美味しいミルクティをいただきました。温かい紅茶や焼き菓子が美味しい季節です。秋の鎌倉散策のおついでに、ぜひお出かけくださいませ。

お休みのお知らせと5周年フェア

今日は一日あいにくのお天気でしたが、鶴岡八幡宮の例大祭が執り行われ、一日中お囃子が聞こえており、秋を感じる一日となりました。夕方からは、雨もあがり、地域のお祭りも無事開催。お子さんたちも楽しそうでした。

これが終わりますと、来週フローラルは、5周年感謝フェアを開催いたします。

PatisserieR田中玲子さんの美味しい秋のお菓子、藤沢ディンブラさんの紅茶、blooms by asukayamanaka山中あすかさんのブーケと、鎌倉の秋を楽しんでいただく4日間にしたいと思っております。

お出かけいただければ幸いです。

淡水パールのネックレスの新作も色々入荷しております。

明日、9月15日(土)は、お休みさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

お休みのお知らせです

店内のお花も秋の色になりました。そして、八幡さまからお囃子の練習が聞こえて来るようになりました。9月14日~16日の例大祭の練習ですね。これが聞こえてくると、本当に秋を実感します。ついこの間衣替えだったような気がするのですが…。

先日の写真のカップ&ソーサーのご紹介です。

ロイヤルウースターは、イングランド西ミッドランズ地域、コッツウォルズにもほど近いウースターの地に1751年に誕生しました。1789年にジョージ3世によってロイヤルワラントを授けられて以来今日までロイヤルの称号が途切れたことのない唯一の窯で、長い歴史の中で、合併吸収を繰り返しながらも現存する英国最古の窯となっています。

こちらの「イヴシャム」は1961年にデザインされたシリーズで、ロイヤルウースターの最高峰のシリーズ「ペインテッドフルーツ」のデザインを引き継ぎながらも、日常使い出来るシリーズとして不動の人気を誇っています。「イヴシャム」は、ウースター南東の豊穣の地、イヴシャム渓谷から取られた名で、収穫されるたくさんのフルーツがモチーフとなっています。

縁がグリーンのシリーズもありますが、こちらはゴールドのもので、フルーツの落ち着いた色合いともよく合っていて、テーブルをエレガントに飾ってくれると思います。

少し小ぶりなサイズで、お使いいただきやすいです。

現在5客在庫がございます。

カップ H6cm ×φ7cm

ソーサー13.5cm

¥4,000(税別)

 

 

明日4日(火・定休日)~11日(火・定休日)までお休みを頂戴いたします。

オンラインショップの発送も12日以降となります。

ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。