FLORAL DIARY

ゴールデンウィーク2021

ゴールデンウイークは、通常通り営業しております。

5月4日(火)は定休日でお休みをいただきまして、5日(水)は営業し、7日(金)に代休を頂戴いたします。

大変な状況は続いていますが、粛々と営業するしかないですね。

皆さまご存じの通り、例年のゴールデンウィークの鎌倉はたくさんの楽しいイベントもあり、新緑の美しい季節でもあり、駅などは身動きがとれないほどの混雑となります。フローラルも鎌倉路地フェスタに参加させていただいていましたが2年連続で中止となり、賑やかなゴールデンウイークってどんなだったかな?とちょっと忘れそうです。

今日は悪天候もあり、静かな一日でしたが、ご近所のマダムが、お庭のハーブや、筍など美味しいものをお持ちくださったりして、Stay Localにも楽しさはたくさんあると実感した良い一日でした。

なかなかお出かけもしにくいとは思いますが、この1年間、変わらず、感染予防対策には十分に気を付けておりますので、お近くにご用事のある方などはどうぞお立ち寄りくださいませ。

上の写真は、新たにお取り扱いを始めたBurleighバーレイの現行品の中から、ブルーキャリコのカップ&ソーサーとプレート、そして、ペーパーナプキンです。お菓子は、先日いただいた、ホームメイドのジンジャーブレッド。スパイスが効いていてイギリスでいただいているような美味しさです。ありがとうございます。

今後バーレイのアジアンティックフェザンツなどの現行品も増やして参ります。ご希望のお品がおありでしたらどうぞお声がけくださいませ。

そう言えばと思い出して、以前イギリスでバーレイのファクトリーとカフェを訪ねた時の写真を探し出してみました。2017年でした。

バーレイは、1851年の創業。英国陶磁器の故郷ストーク・オン・トレントの現在の場所に1889年に工場を移転して以来130年間MADE IN ENGLANDにこだわり、全てのシリーズをこちらの工場で作り続けています。工場は老朽化が進み、一時期存続の危機もありましたが、チャールズ皇太子の慈善事業財団によって3年の月日と莫大な費用をかけて修繕され、2014年にリニューアルオープンしています。もちろん新しい工場に作り変えられたわけではなく、外観も内装も一見どこがリニューアルされたのかわからないほどに以前の姿を留めています。

当時の、運河を使っての運搬の設備もそのままです。

ファクトリーでは、申し込みが必要ですが、制作過程を見学することも出来ます。

訪れた時期がハロウィンの前でしたので、お庭がハロウィンの飾りつけなのですが、欠けてしまったカップなどがオーナメントのように吊るされていて、可愛いのかな?可愛いか。ちょっぴりシュールな感じも良かったです。

工場見学の後は、簡単なランチやお茶がいただけるカフェへ。器は全てバーレイで、ランプにティポットが使われていたり、壁にはバーレイのアイコニックなデザインであるアジアンテイックフェザンツのモチーフが描かれていたりととても素敵な空間を楽しむことが出来ます。

そして、もう一つのお楽しみは、ファクトリーアウトレットです。検品ではじかれたセコンド品がズラリと並んでいて、購入することが出来るのです。

職人さんたちが、一つ一つ手作業で銅板転写による絵付けを行う様子を見学した後ということもあり、ちょっとのズレや失敗などは自分で使う分には一向に気にならないので、色々購入してきました。あ、もちろん、フローラルで販売するものではなくて、あくまでも自分用ですからご安心ください。フローラルに入れておりますのは、日本の輸入総代理店を通したものです。

キャリコ カップ&ソーサー ¥5,500(税込)

プレート ¥3,300(税込)

ペーパーナプキン ¥770(税込)

皆さまどうぞ良いゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment