FLORAL DIARY

バルブフラワー・2枚の写真の違い

路地の小さなお店をやっている方には「あるある」だと思いますが、準備万端にしてお待ちしていてもお客様はお見えにならなかったりして、今日は雨だし寒いし夕方からは雪の予報だし、もうどなたもお越しくださらないかな~と思って、写真撮影など始めてしまうと、そんな時に限って、来てくださる♡

しかも、しかも、

こんな素敵なお花をお持ちくださいました。

球根の植物のことをバルブフラワーと言い、イギリスでは早春の風物詩のように皆に愛されるお花なのだということをフローリストのあすかさんに教えていただいてから、ムスカリやヒヤシンスなどの球根の水耕栽培が気になっていたのですが、買ってみたことはなく、実は数日前に初めて球根つきのムスカリを自分でお花やさんで買ってみたのです。ここ数年お洒落なお花やさんなどに並ぶようになりましたよね。ところが、水あげのせいか、暖房のせいか、葉っぱがだらーんとしたままになってしまい、可哀想でしたが葉っぱをカットして、「うーん。葉っぱがないとやっぱりおかしいか~」などと思いながら写真撮影をしておりまして((+_+))それが、下の写真なのです。やっぱり葉っぱが残念。。

何という以心伝心でしょうか♡そんな時に素敵な花束とこのムスカリと共にお越しくださったお客さまは、いつもお心にかけていただき、フローラルを愛してくださる素敵な方。もはや勝手に慕ってお友だちと思わせていただいています。このように温かな皆さま方にフローラルは本当に支えていただいています。

というわけで、今日撮り直してみましたのが、上の写真という訳です!

 

こちらのbeforeの写真、お水を上まで入れてしまっていますが、本当は根だけお水につけて球根はつけてはダメと、お花に詳しい友人にこの後、教わりました。。すぐ直しました。。

あ、そして、商品のご紹介もしないと、

手前の可愛い鳥のブローチは、甥っ子姪っ子が作ってくれた大切な非売品のブローチでございまして、

左側のブルー&ホワイトは陶器のポットスタンドです。鳥の絵柄が可愛らしく、そのまま飾るだけでも素敵です。

W15㎝ 八角形

¥4,000(税別)

角の一つに小さな古いキズがございます。貫入がございます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment