FLORAL DIARY

5周年感謝フェア最終日です

5周年感謝フェア、本日最終日となりました。

何と可愛いカップケーキでしょうか!Patisserie R 田中玲子さんがお祝いにと作ってくださいました(;_;

たくさんの小さなカップケーキの上のバラの花びらのデコレーション、想像しただけで気が遠くなりますよね。感謝の気持ちでいっぱいです。あまりの美しさに皆さん写真を撮っていかれます。これは売っていないのですか?とたくさん聞かれました。こんなカップケーキ屋さんがあったら行列間違いなしですね。

奥のボックスフラワーは友人からのプレゼント。10代の頃からの仲良しはさすがに好みも雰囲気もぴったりわかっちゃうね。本当にありがとうございます。

 

また別の素敵な方からの贈り物の胡蝶蘭。私には分不相応な美しさですが、これからの5年も頑張ります!ありがとうございます。

イギリスでもクラシカルなお洒落なインテリアの邸宅には必ずと言っていいほど飾られている蘭の花は私の憧れ。その歴史は古く、19世紀初頭に南米からイギリスに持ち込まれて以来、貴族たちを中心に大流行となり、オーキッドハンターによって競うように集められ様々に品種改良されてきました。現在でもロンドンの花市場に行くと、豪華なものから、ミニチュアサイズのような可憐なものまで、たくさんの蘭の鉢があり見るだけでもとても楽しいのです。

最後になりますが、ほんとうに、これは私が皆さまに感謝をお伝えするべきフェアで、皆さまにお会いできるだけで嬉しいので、どうか、手ぶらでお気軽にぶらりとお越しくださいませ。

フェアは残り一日となりました。連休も最終日、のんびりとした一日を鎌倉でお過ごしになりませんか。皆さまのお越しをお待ちいたしております。

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment