FLORAL DIARY

2020年3月

雪の一日

鎌倉も静かな週末だったことと思います。

今日は昨日のあたたかな春の一日が信じられないほどの寒い雪の日となりました。

フローラルは、神奈川県の外出自粛要請を受け、週末はお休みさせていただきました。

明日は通常通り11:00~17:00営業致しますが、それ以降は今後の状況を見ながら判断させていただきたいと思います。繰り返しになりますが、営業の際には、換気、清掃、自身の手洗いマスクなど細心の注意をはらってまいります。

外出自粛、学校の休校やテレワークなどで世界中で自宅で過ごす時間が増えていますが、オーケストラやバレエ団がプログラムを配信したり、落語家さんがライブ配信されたり、シェフが料理動画を配信したり、レシピを公開したり、皆さんオンラインで素晴らしいプログラムを発信して下さっていますね。もはや観たいものが多すぎて時間が足りないほど。こんな時、私に出来ることは思いつかなくて無力感がありますが、せめて明るくてきれいな写真を投稿したいと思います。

八幡さまや段葛、桜道の桜もそろそろ満開とは思いますが、桜は来年もきっときれいに咲いてくれますので、来年楽しく明るい気持ちでお花見が出来たら良いなと思います。

皆さまどうぞ暖かくしてお過ごしください♡

お休みのお知らせです

新型コロナウィルス拡散防止の為に神奈川県知事より出された今週末の外出自粛要請と、鎌倉市長からのメッセージを受け、フローラルは3月28日(土)29日(日)お休みさせていただきます。

今は一日も早い収束のためにお互い協力し合う時だと思っています。

医療、福祉に携わる方々、食料他生活必需品に関わる方々、流通、運輸、通信その他たくさんの方々が止まる事なく働いてくださることに感謝します。

私の仕事も、普段の生活に幸せな気分をお届けするという意味で、不急ではあるけれど、不要ではないと思っています。焦ることなく、偏ったものの見方をすることのないように気をつけながら、状況を見ながら営業して参りたいと思います。

週末は、オンラインショップの作業、お店のお庭の手入れ、月曜日に予定されている撮影の準備と、やることはたくさんでお休みの時間は実は全くなかったです😅

今週も、ご遠方からもお近くからも嬉しいお客さま方にたくさんお越しいただき、距離を取りながらですが、楽しいお話をさせていただいたり、励ましをいただいたりいたしました。ありがとうございました。また来週からもどうぞよろしくお願いいたします。

イースターのお菓子・アニョーパスカル

今年もPatisserie Rさんによるフランスアルザス地方のイースターのお菓子・アニョーパスカルL’agneau pascalを販売させていただけることとなりました。

イースターは、毎年日付が変わる移動祝日で、「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」と決められており、今年は、4月12日です。キリスト教ではイエス・キリストが3日目に復活したことを祝う行事で、クリスマス同様に大切にされてきましたが、それ以外の宗教を持つ人々にとっては、厳しい寒さに耐えた冬が終わり、草木が芽吹き、春がやって来ることへの喜びを分かち合い、命を慈しみ感謝を捧げる行事として古くから存在していました。今年は世界中が困難と直面する春となってしまいましたが、大変な時間を過ごしている方々への祈りを込めて、また、家で過ごす時間が少しでも楽しいものになりますようにお届けしたいと思います。のんびりとしたティータイムのお菓子に、大切な方へのギフトにもいかがでしょうか。バスケット風の可愛らしい紙のお箱に入れてお届け致します。

毎年同じご説明になってしまいますが、ここで「アニョーパスカル」の由来を再び。

フランス語で、Agneau(アニョー)は羊、Pascal(パスカル)は復活祭のという意味なのだそうです。イースターと言うと、カラフルなイースターエッグやうさぎや春の花々のイメージが強く、羊というのはあまりイメージにない方も多いと思います。

英語のイースター(Easter)はゲルマンの「春の女神(Estera)」に由来しています。また、ギリシャ語のパスハ、フランス語のパスク(パック)はヘブル語の「パスカ(過ぎ越しの祭り)」に由来すると考えられています。旧約の時代、エジプト人の奴隷であったユダヤ人の先祖が,モーセに率いられてエジプトを脱出したとき、神はエジプト中の初子(ういご)を殺したが、小羊の血を戸口に塗ったヘブライ人(ユダヤ人)の家だけは過ぎ越したという故事に由来し、神の仔羊であるキリストの死は、過ぎ越しの祭りにおける小羊の生贄を完全に実現したものであるとして、仔羊は特別なものであるのです。ユダヤ教の「過ぎ越しの祭り」で生贄として子羊を食べていた習慣に由来し、イースターに仔羊料理を食べる習慣は、広く西欧諸国にも定着しているそうです。

一方、うさぎと卵はどこからきたのかと言えば、うさぎは、前述の「春の女神(Estera)」のシンボルで、卵は多産や繁栄のシンボルであることからきているようです。アメリカやイギリスでは、お菓子やさんもパン屋さんもうさぎや雌鳥や卵の形のチョコレートやお菓子でいっぱいになりますが、フランス・アルザス地方では、この地方特産の陶器の型で焼かれ、粉砂糖をふられて、リボンをつけた何とも素朴で可愛らしいお菓子・アニョーパスカルL’agneau pascalがお菓子屋さんやパン屋さんの店頭にずらりと並ぶのだそうです。

全てSOLD OUTとなりました。ありがとうございました。

販売期間 4月9日(木)~12日(日)ご予約のみとなります。

内容 焼き菓子「アニョーパスカル」(長さ約17cm、高さ約14cm)

原材料 卵、小麦粉、砂糖、バター

消費期限 製造日から3日間

金額 ¥1,800(税、送料別)

ご配送ご希望の方は、オンラインショップよりご購入をお願い致します。フローラルより発送するお日にち別になっております。

当日フローラルにてお受け取りをご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡くださいませ。→こちら

伝統的な型を使って丁寧に作られる為、一日にお受け出来る数が限られておりますので、恐れ入りますがお早めにお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

ロイヤルウースター

雲ひとつない晴天の春分の日。そして三連休の初日。本来ならば卒業式や春休みでこころがはずむ季節ですが、今年は残念ながら難しい日々になってしまいました。制約の多い日々の中にも楽しみや息抜きの方法を見つけて何とか乗り越えたいですね。おうちでの楽しみとして、お料理やお菓子作りをされている方も多いようです。私はおかげさまでご相伴にあずかりまして、日々お客さまから美味しいお菓子やお惣菜をいただいています(^o^)

写真は、イギリスで最も有名な伝統的なケーキの一つヴィクトリアサンドイッチケーキです。いつも美味しいイギリスのお菓子を作られるマダムが焼いてお持ちくださったもの。バターの豊かな香りと真っ赤なラズベリージャムが美味しくて、一気にいただいてしまいました。いつもお心にかけていただき本当にありがとうございます。美味しいものを美味しくいただけることはとても幸せなことだと思います。

ヴィクトリアサンドイッチ(スポンジ)ケーキは、その名の通りヴィクトリア女王の名を冠したケーキですが、アンナ・マリア・ベッドフォード公爵夫人によって始められたアフタヌーンティーで供され、ヴィクトリア女王のお気に入りだったというのが定説なのだそうです。シンプルなケーキですので、サンドイッチやスコーンなど他のお菓子とも合うので良いのかもしれません。

今朝は、海沿いから鎌倉にかけての道路はゴールデンウィークを彷彿とさせるような大渋滞でした。皆さま公共交通機関を避けて自家用車で移動されているからということもあるでしょう。鎌倉には山も海もありますし、一本裏道に入れば人混みを避けることも出来、少し離れたところには小さい美味しいレストランもありますのでたくさんの皆さまがいらしてくださっているのだと思います。フローラルも3連休も通常通り営業しておりますが、自分と家族の健康、お客さまの安全を第一に、人に感染させないということを常に心にとめて過ごしたいと思います。

イタリア、フランスはもとよりイギリスからも全校休校のニュースに続き、美術館、レストラン、店舗の休業のお知らせが続々と入ってくるようになりました。小売店はオンラインショップの拡充、レストランはテイクアウトやデリバリーへシフトすることで、安全確保と同時に事業や従業員の経済的な安定の為に奔走しているようです。

私も引き続き心を豊かにしてくれる素敵なものをご紹介してまいりたいと思います。

春の花束に祈りをこめて

予想外の雪☃にびっくりの寒い一日になりましたが、春爛漫の素敵なお花をお送りいただきました。

これは、コロナウィルスの影響で大きなダメージを受けているお花業界を支援するためにフローリスト・アングレイズさんが企画されたもので、3,000円分のお花をアングレーズさんお任せセレクトでお届けくださるというものです。送料はアングレーズさんが負担されています。私はもう単純に愛さんの素敵なセレクトのお花に元気をいただきたくてすぐに申し込み、思った通りの春を感じる素敵なお花たちが届きました❣

もはやどの業界でもどの地域でも経済的な打撃は深刻で、フローラルももちろん例外ではありません。気持ちも沈みがちになってしまいますが、お花にはやはり癒しの効果がありますね。

フローラルは換気、清掃、自身の手洗い、アルコール消毒を常に心がけ、通常営業をしております。外の門は閉めておりますが、インターフォンを鳴らしてくださいませ。再度換気をした後にお入りいただいております。こんな時だからこそ気分転換や好きなものを見て触れることは心の健康のためにも大切かなと思っております。今までお出ししていなかったカップ&ソーサーやトリオなども色々お出ししています。

もちろん、ご自身やご家族の健康を第一に考えていただき、ご不安の場合にはご自宅で過ごされるのが一番良いと思います。オンラインショップも少しずつですがお品ものを増やして頑張っておりますので、お暇な時間にご覧いただけたら嬉しいです。

ヨーロッパにも感染は拡大し、少し前までは日本の状況を心配してくれていたフランスやイギリスの友人たちも今や感染の中心となり心配ですが、過度に不安になることなく、今は早い収束を祈って自分に出来る事を着実にやることしか出来ません。前向きにがんばってまいりましょう。

 

 

コーンウォール

 

 

“英国の国土をカタカナの「リ」にたとえると、コーンウォールはちょうど右側「ノ」の(下)先端付近にあたる部分で、緑豊かな田園地帯というよりは、どちらかというと不毛の荒野、ムーア(原野)が広がる丘陵地帯だ。地形的にはそうなのだか、一方、この地方をキャッチコピー的に紹介すれば「ケルト文化と妖精とアーサー王伝説に満ちあふれた場所」ということになるだろうか。”

先日ご紹介した田中喜芳先生の「トリビアの舞踏会」にも記述のあるコーンウォール地方。

閉塞感のある日々が続きますので、ダイアリーには少しでも気分転換になるようなきれいな景色の写真をと思い、イギリス買付日記の続きを。こちらはリーチポタリーから車で1時間ほどのニューキーという町です。岬の突端のホテルは弟家族のお気に入りで、いくつかのベッドルームとキッチンが備わったコテージに母と弟家族と休暇の日程を合わせて滞在してきました。家族と合流するまではひとりで買付の旅で、寝るだけの小さなInnやビジネスホテルに泊まっていたので夢のようでした~。

 

岬の灯台まで散策路が続いており、早朝や夕方の景色はまた格別の美しさでした。滞在は最低3泊からだそうで、1週間ほどのんびりする方も多いのだとか。事前にWaitrose(イギリス全土にありオーガニック商品も多く扱うスーパーマーケット)のオンラインショップで生鮮食品を注文しておくと近くにあるWaitroseがチェックインに合わせて届けてくれ、ホテルの方がお部屋の冷蔵庫の中に収めておいてくれます。とても有り難い便利なサービスですね。

 

ホテルには海を望むテラスカフェがあり、コーンウォール地方の特産であるクロテッドクリームをたっぷりと添えたクリームティーをいただきました。おなかの都合でクリームティーにしましたが(これでもボリューム満点!)次回はぜひアフタヌーンティもいただいてみたいです。

 

シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ/コナン・ドイル/ヴィクトリア朝研究家の田中喜芳先生。

最も権威あるホームズ研究団体「ベーカー・ストリート・イレギュラーズ」の日本人二人目の会員で、ホームズに関して多数のご著書・翻訳書があります。

先生にお目にかかるまで、私はシャーロック・ホームズはあまり読んだことがありませんでした。先生の上品な英国紳士のような柔らかな口調と英国に関しての幅広いご見識に、シャーロック・ホームズにも俄然興味が湧きだして、遅ればせながら読むようになりました。

上の写真はその田中先生の新刊「シャーロック・ホームズ トリビアの舞踏会」です。難しい研究本ではなく、トリビアが詰まったエッセイ集です。目次からいくつかピックアップしてみても、

第1章 シャーロック・ホームズは起業家

1. ベーカー街221B

3. モデル

10. 名探偵の食事

第2章 コナン・ドイルをスキャンする

13. ドイルと柳田國男

14. 聖書

第3章 「ホームズ物語」の隠し味

24. 手紙

25. 教会

27. ワークライフバランス

28. 暗号

30. 告白

第4章 一夜で誰もがヴィクトリアン

33. ホテル

34. 「ホームズ物語」に見る女性の自立

35. ヴィクトリア朝を語るには

36. ガヴァネス

43. 紅茶

第5章 シャーロッキアンには明日がある

45. 絵画

48. ホームズのヨコハマ

第6章 出会ったら最後

55. コーンウォール

65. 「出会い」について

私もまだ読み始めたばかりなのですが、その他も面白そうな65のエッセイがぎっしり詰まっており、マニアックな本ではないので、シャーロック・ホームズをすでによくご存知の方も私のような初心者にも楽しく読める一冊です。素敵な表紙絵と挿絵も先生によるものです。

まだしばらくはお家の中で過ごす時間が多くなりそうです。適度な運動と睡眠、食事で免疫力を保って心も健やかにいなくてはなりませんね。普段なかなか時間を取ることが出来ない読書にはちょうど良いかもしれません。

あ、違う違う、私はのんびりしている場合ではなくて、オンラインショップの更新しないといけないのでした😅

「シャーロック・ホームズ トリビアの舞踏会」シンコーミュージック・エンターテインメント ¥1,500+税

 

☆☆☆

多くの小さなお店がそうであるように、フローラルも細心の注意を払ってお店を開けております。

換気、清掃、自身の手洗い、アルコール消毒を常に心がけております。

外の門は閉めておりますが、インターフォンを鳴らしてくださいませ。再度換気をした後にお入りいただいております。

☆☆☆