FLORAL DIARY

2017年7月

秋色あじさいと陶器のジャグ

明日からいよいよ8月ですね。

あっという間に夏も過ぎて行きそうな気がしています。

6月のあじさいより好きな秋色あじさい。お花やさんにはもう様々な種類の素敵な秋色あじさいが並んでいます。「え!一本で?」というようなお値段ではあるのですが、そのグラデーションの美しさにあらがえず購入しました。この暑さの中、わざわざお出かけくださるお客さまに楽しんでいただけたらいいなぁという思いもこめて。

秋色あじさいには、本当にアンティークやブロカントの器が似合います。6月のあじさいは外で見るもの。秋色あじさいは部屋で楽しむもの。そんな雰囲気です。

こちらは、陶器の淡い象牙色のジャグです。金彩がところどころ剥げているので、金の強さがいい具合に薄まっています。お飲み物だけでなく、花器としても素敵に便利にお使いいただけると思います。

大きさは3種類です。

大 H19.5㎝ 口径10㎝ 底辺12㎝ ¥6,000(税別)

中 H17㎝ 口径9㎝ 底辺10.5cm ¥5,200(税別)

小 H15㎝ 口径8㎝ 底辺9㎝ ¥4,000(税別)

 

今日は、大きなサイズのみオンラインショップにアップいたしました。中、小はお問合せくださいませ。

 

鶴岡八幡宮・源平池の蓮

源平池の蓮の花が見頃を迎えています。6月下旬~8月上旬ころまで私たちの目を楽しませてくれる夏の風物詩。午後には花が閉じてしまいますし、開花期は長いようで短くて、満開から数日で萎れてしまうとのことで、いつが満開といえる状態なのか良くわからないのですが、この時期のお昼頃まででしたら良いと思います。

写真は、午前8時頃の様子です。ラジオ体操が行われる早朝と、幼稚園の通園時間帯の間でぽっかりと静かになる時間帯なのです。早朝は、お散歩やラジオ体操でたくさんの方がいらっしゃいますし、まだ花も開いていないのです。

そんな静かな池の畔で

「ねえ、ちょっと、あなた」

とお一人のマダムに声をかけられました。ハスキーボイスでこのようにおっしゃったので、ちょっと身構えたのですが、

「はい、何でしょうか」とお答えしましたら

「蓮の葉の上にね、水滴が乗るでしょ。あれって本当に綺麗だとお思いにならない?」

と蓮の葉を見ながらおっしゃいました。独り言のようでそうでなく、社交辞令的な朝の挨拶でもなく。日本語の言葉遣いが小説のように印象的な方でした。

この日はあいにくの曇り空でしたが、蓮の葉の上の水球が朝日を浴びてキラキラと輝く様子は本当に綺麗ですね。蓮の葉には自浄作用があり、とても高い撥水性を持つので、水滴が表面張力によって集まって球のようなり、そして、泥や虫などを絡めとり一緒に水面に落ちるのです。ですから蓮の葉は自分の作用により、いつでも綺麗に保たれているのです。材料工学においてロータス効果という言葉もあるほど様々な製品にその化学的特性が生かされているそうですよ。

ついつい花ばかりに気を取られてしまうのですが、みなさまもぜひご覧になってみてくださいませ。

店内涼しくして皆様のお越しをお待ちいたしております。

 

 

 

Beyulより新作のお知らせ2

前回に引き続き、Beyulの新作のご紹介をさせていただきます。大変貴重な、アンティークチベットターコイズ、珊瑚とシルバーのネックレスです。

ターコイズと珊瑚の取り合わせは、チベット文化において特徴的なものです。護符として、古来より祭礼の際の身につけられたり、資産として、富の象徴として、また婚礼時には、持参金として、結納品としてその家の権威を示すために大切なものでした。

こちらのネックレスは、そのようなアンティークをパーツを用いてBeyul が組み上げたものです。ターコイズは、100年~300年前のチベットのもの。珊瑚は、同じく100年から300年前のもので、その色合いから地中海(おそらくイタリア)産。シルバーは100年ほど前にインドのチベット文化圏の人々が身に着けていたものです。シルバーのデザインなどは現代でも通用するものですし、悠久の昔から大切にされたアンティークパーツが使われながらも洗練された印象です。

世界に一つだけの素敵なネックレス。

フローラルオンラインショップからもご購入いただけます。→こちら

長さ約45㎝ ¥65,000

 

 

Beyulより新作の到着です

チベット、イギリス、台湾への旅を経て帰国したBeyulより新作が到着いたしました。

今日まずご紹介いたしますのは、チベットのターコイズです。ターコイズは、お守り石として、祭礼用の装飾品として、また、その家の富を象徴するものとして、財産として大切に受け継がれてきたものです。こちらは、どれも代々受け継がれ、身につけられて100年~300年が経過したもの。大切に身につけられていたかどうか、実際石をみればわかるのだそうです。長年身につけられたターコイズは、体温などの変化が加わり、本来の明るいターコイズブルーから徐々に色が濃くなり、最後にはオリーブ色になっていきます。そして、満願成就ではないですが、その役目を終えるころには深いカーキ色のようになるのだそうです。そこにたどり着くまで約1000年です。

上より①②③

茶色の紐は新しいもので、長さを自由に調節することが出来ますので、男性でも女性でもまたその時々のお洋服によって長さを変えることが出来ます。

今回は3点ご用意いたしましたが、それぞれの石に違った個性があります。大切なお守りとして。また、人とは違った世界に一つだけの装飾品として、この機会にお選びいただければ幸いです。

アンティークチベットターコイズ 各¥25,000

明日、24日(月)はお休みを頂戴いたします。25日(火)定休日と合わせ連休とさせていただきます。ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

7月のイベント終了いたしました

7月20日21日とお休みをいただき、藤沢さいか屋さんで開催されている「湘南ライフスタイルフェア」に「海の近く」さんセレクトのお店として出店させていただきました。初めての百貨店さんでの催事に緊張しながらも、初めてのたくさんのお客様にもご覧いただき、楽しく頑張ることが出来ました。友人もフローラルのお客様も、みなさまありがとうございました。

後ろの行列が鵠沼海岸のかき氷「埜庵」さんの行列です!天然氷のかき氷の美味しさへのこだわりはもちろんのことなのですが、たった2日間ではありましたが、近くで拝見して、氷への、お客様への、従業員の方々への愛情を感じ、ブログを拝読して、お仕事に対する姿勢や想いを拝読して、人気の訳はかき氷の美味しさだけではないこと感じました。直接お話させていただいたこともなく一方的ですが、本当に勉強させていただきました。

2日間すぐ近くで一日中拝見していたレポートとしましては|д゚)平日のこの時は60分待ちですが、平日なら平均30分待ちぐらいではないかと思います。開店直後より、夕方のほうが比較的おすすめ。開店直後は、外で並んでいらしたお客様が、階段・エスカレーター・エレベーターからドッといらっしゃいます(そういう戦いに自信のあるかたは良いですが・・・)。ただし15時頃になると、一番人気の「抹茶みるく金時」は完売してしまいます。そして、閉店は19時、ラストオーダーは18時30分頃ですが、行列の分を計算に入れてのラストオーダーですから18時過ぎにはもう並ぶことが出来なくなると思っていらしたほうが良いと思います。

さいか屋さんでは外ではなくクーラーの効いた屋内で並ぶことが出来るので良いですね。ガラス越しに氷をかく作業も見ることが出来るので、お友達やご家族連れでおしゃべりしながらならあっという間ではないでしょうか。

そして、同じ会場の湘南ライフスタイルフェアでは、湘南エリアの美味しいもの、クラフトなどのお店が日替わりで登場します。人気のお菓子屋さんやパン屋さんは午後に完売になってしまうこともあるそうですので、お早目のお出かけが良いかもしれません。会期は、25日(火)まで。最終日は15時までです。

フローラルは、平常営業に戻っております。イベントが続きましたので、新しいお品も色々とお出ししております。ぜひお出かけくださいませ。

24日(月)はお休みを頂戴いたします。

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

お休みのお知らせと藤沢さいか屋さんイベント

「夏のパール展」

無事終了いたしました。お暑い中、たくさんのみなさまにお運びいただき、本当にありがとうございました。夏の装いにも爽やかにおつけいただけるパールもたくさんご紹介いただきました。Marin & Dunstanさんありがとうございました。また来年も開催予定でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、フローラルは、少しイレギュラーな営業が続きます。

明日19日(水)は、お休みをいただきまして、20日(木)21日(金)は藤沢さいか屋さんで開催される湘南ライフスタイルフェアに、フリーマガジン「海の近く」さんセレクトのお店として出店させていただきます。ポスティングされたさいか屋さんのお知らせをご覧になったフローラルのお客さまから早速激励のお電話をいただき、何だかとっても嬉しかったです!お出かけいただければ嬉しいです。

そして、24日(月)もお休みを頂戴いたします。ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

フローラルHPトップのカレンダーからもお休みのご案内をまとめてご覧いただけます。

 

明日は、鎌倉花火大会が開催されます。

打ち上げは19時20分~20時10分ですが、18時30頃~22時頃まで交通規制がございますので、鎌倉にお越しの方はお気を付けくださいませ。雨天・荒天・高波の場合は中止となります。

パール展・明日最終日です

13日(金)から始まりましたMarin & Dunstanさんの「夏のパール展」

途中のご報告の写真撮影をする時間もなく、あっという間に明日最終日となってしまいました。

こちらの写真は、全て珠一つからお選びいただくもの。

アコヤ、南洋、タヒチ、淡水・・・。お色も形も大きさもたくさんの中からお選びいただき、ピアスにしたり、イヤリングにしたり、ペンダントトップにしたり、ネックレスにしたりイメージやご予算によって、自由にお決めいただくことが出来ます。皆さまとても楽しくお選びいただいていますが、決められないしイメージが出来ないわ~。とおっしゃる方も多くいらっしゃいます。どうぞご心配なくいらしてくださいませ。出来上がった素敵なデザインのものもたくさんございます。

皆さまそれぞれに、お似合いのものをお選びになっていて、拝見するこちらが楽しく幸せ気分になっております。

私も、スタッフ特権で毎日違うパールをつけさせていただいているのですが、シンプルな黒い麻のワンピース、カジュアルな白いシャツ、白いブラウスとそれぞれにすっきりと夏らしく装うことが出来て、日々新しい発見に驚いています。ゴージャス感が出てしまうような気がして、あまりしなかった重ねづけもロングのベビーパールならカジュアルなのにエレガントになりますし、グレーやブルーのグラデーションを作ると涼しげなのにエレガント。選択肢がたくさんあるので自分に合ったものを少しずつ増やしていけるのが楽しいですね。

お母様やおばあ様からいただいたけれど、あまりつけないというパールネックレスやイヤリングをお持ちの方も多いと思いますが、そういったお品のリフォームや修理も、ご予算やそのお品に合わせて確実な技術をもって承っております。古き良きものを大切にというのは、フローラルのコンセプトでもありますので、こうした注文に快く応えていただけるのもとても嬉しいことです。私もいくつかお願いしてしまいました。

明日は連休も最終日。涼しい店内で、ゆっくりと優雅な時間を過ごしにぜひお出かけくださいませ。

 

「終わりがないわ~」と楽しそうにおっしゃるマダム。本日の名言でした(^^)/いつか私も言えるようにガンバロウ。

「夏のパール展」始まりました

太陽の気持ちのよい夏の日。Marin & Dunstanさんの「夏のパール展」始まりました。

パールの出逢いは、プロの方でも一期一会なのだそうです。自然のものですから同じものには二度と出逢えません。今回は、テーマである「夏のパール」にふさわしい、ブルーやシルバーの爽やかなパールをたくさん探して下さり、お持ちくださいました。お写真では拝見していたけれど、実物を拝見すると、とても爽やかだけれど、海のような深い輝きがあって本当に美しいのです。

嬉しいのは、お値段もとてもリーズナブルで、小さなものは、一連¥1,800。大きなものでも一連¥4,000ほど。それに加工とクラスプ(金具)のお値段が種類によって¥3,000~¥5,000程ですので、合計¥5,000ぐらい~オーダーでお作りすることが出来ます。やはりパールは、その方に合わせてぴったりに作ったほうが美しいのだそうです。一連が約40㎝程ですので、二連でロングにするのも素敵ですね。

その他にもブローチ、リング、イヤリング、ピアスなど、お気軽なものから本格的な優雅な作品まで、たくさんございますので、ぜひお出かけくださいませ。店内涼しくしてお待ち申し上げております。

明日15日(土)は、ご来店ご予定のお客様が集中しており、もし土曜日以外でも大丈夫でしたら、そのほうがごゆっくりとご覧いただけるかもしれません。ただ、明日はBlooms by asuka yamanakaさんの1dayお花屋さんですので、お花もご希望の方はぜひ明日おでかけくださいませ。狭い店内ですが、ワイワイガヤガヤしていただくのもそれはそれで楽しいのです!

 

Marin & Dunstan (マリン&ダンスタン)

は、神戸・東京で長年真珠養殖、加工そして、50年以上パレスホテル東京にて真珠宝飾販売をなさってきた老舗真珠会社の新デザインラインです。

茅ヶ崎の自然あふれるアトリエから生まれる竹内剛さんのモダンで存在感のあるパールジュエリーは、真珠本来の「かたち」をデザインの要にとらえ、シルバー、ゴールドだけでなく、木や木炭などを合わせた洗練されたジュエリー作りにも定評があります。

展示販売だけでなく、剛さんは、デザイナーであり、職人さんでもありますので、細かなオーダーにも応えてくださいます。奥さまの忍さんが、接客を担当。その方に合ったデザイン、長さ、大きさなど的確なアドバイスをくださるのも嬉しいところです。

「夏のパール展」明日からです

いよいよ梅雨明けでしょうか。関東地方は既に真夏の日々が続いていましたので、まだバラの季節とは信じられないようですが、写真は、先週の軽井沢レイクガーデンの様子です。今年は満開に合わせることが出来ました。ご自宅のお庭で美しいバラを栽培されているお客様も、ちょうど先々週レイクガーデンにいらしたとのこと。自然を生かした水辺のガーデンエリアに丹精込めてお世話されるバラが本当に美しいのです。

さて、明日からいよいよ「夏のパール展」がスタートいたします。

シンプルな一粒から、優雅なもの、個性的でゴージャスなものまで、たくさんお持ち下さるそうです。

店内快適に涼しくして、みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

1DAYお花屋さんは、明後日15日(土)です。

 

 

 

藤沢・さいか屋さんイベント

「かき氷って、もう10何年食べてないけど・・・。」と言うと、「そういうかき氷の概念は覆されるから!」と必ず言われるかき氷やさん・鵠沼海岸の埜庵(のあん)さん。夏は待ち時間がすごいから冬に行くという方も多いほどの人気店です。フリーマガジン「海の近く」の特集ページを読んでそのこだわりと天然氷への愛情に驚き、一度はいただいてみたいと思いながらも、なかなか機会がなく、埜庵さんへの思いが募っていたこの頃でした。

その埜庵さんが、藤沢さいか屋さんに期間限定出店されます。その間は鵠沼海岸のお店はお休みだそうです。そして、「海の近く」編集部セレクトのお店が集うプチマルシェ「湘南ライフスタイルフェア」も同時開催。フローラルも参加させていただけることとなりました。フローラル出店は、20日(木)と21日(金)の2日間です。

昨日は、鶴岡八幡宮参道にて、骨董祭が開催され、お暑い中たくさんのお客様にお運びいただき、本当にありがとうございました。熱中症に気を付けてねと皆さまに心配していただいたのですが、テントがありましたのと、源氏池と八幡さまを通り抜ける風が心地よく、思いのほか快適に、楽しく過ごすことが出来ました。

汗をかきながらお越しくださったお客様には申し訳ないような気持ちですが、さいか屋さんのイベントは、もちろんクーラーの効いた屋内です。藤沢駅のすぐ目前ですので、炎天下のお出かけは躊躇なさっている方も、お気軽にお越しいただけるのではないかと思います。たくさんの皆さまにお会い出来たら嬉しいです。

7月20日(木)21日(金) 10時~19時

フローラル店舗は、19日(水)~21日(金)の3日間お休みさせていただきます。

18日(火)は定休日ですが、営業いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

七夕

炎暑の一日でございましたね。

七夕(七日の夕)になり、風が心地よく気持ちのよい時間。浴衣の方もたくさんいらして、美しい日本の光景です。

明日は、こちらの八幡さま参道にて骨董祭です。明日もお天気に恵まれそうですので、暑さ対策をなさって、ぜひお遊びにいらしてくださいませ。

9時~17時

鶴岡八幡宮境内 参道および馬場にて

フローラル店舗はお休みさせていただきます。

 

 

鎌倉骨董祭

 

今週末8日(土)鶴岡八幡宮境内 参道および馬場 にて、第16回鎌倉骨董祭が開催されます。

良く知るヨガの先生がいつものお教室を飛び出して、「早朝ヨガ@由比ヶ浜ビーチ」をされるので、日ごろの寝坊を反省して絶対参加しよう!と意気込んだのも束の間。骨董祭の日でしたよ( ;∀;)。搬入は6時~ですので、早起きには違いないですね。西洋骨董、和骨董店がずらりと並ぶ楽しいお祭りです。9時~17時ですので休日に早起きなさる方も、ゆっくりの方も掘り出し物を探しに、ぜひお遊びにいらしてくださいませ。

ヨーロッパへの買付には年1回しか行かれないので、1年分をまとめてたくさん仕入れ、少しずつお出しして、いつもお越しくださるお客様にも毎回新商品をご紹介出来るように心がけています。ですので、大事にしまいすぎて忘れていたものが出てきたりします。今回も、袋いっぱいのカトラリーが!嬉しい再会で、昨夜は銀磨きにいそしみました。ぴかぴかに~。骨董市にもお持ちしようと思います。

今回ご一緒する「鎌倉・花かんむり」さんは、素晴らしいアンティークレースをたくさんお持ちですので、レースやお裁縫に関するものをお探しの方もぜひお出かけくださいませ。

こちらは、昨年の様子です。

 

古い投稿ページへ