FLORAL DIARY

2016年4月

一日お花屋さん・再び

DPP_3132

 

GWが始まり、鎌倉路地フェスタもいよいよ終盤となりました。今日はお天気にも恵まれ、たくさんの方にいらしていただきました。ふだんアンティークなどにご興味のない方にもお会いできる楽しい機会でもあります。

フローラルは、エジプトの遊牧民の刺繍展を開催中ですが、エジプトの刺繍を初めてご覧になる方も多く、楽しんでいただいております。お客様とお話しているなかで、どんなに小さな刺繍作品にも必ず真ん中に太陽が配置されているという新たな発見がありました。古代より太陽信仰が根付いているエジプトならではですね。毎日眺めているようで毎日新たな発見があります。

最後の3日間はイベントも盛り沢山ですので、どうぞお出かけくださいませ。

路地フェスタは1日(日)で終了致しますが、GWはまだまだ続きます。先日blooms by asuka yamanaka さんの1day お花屋さんにはたくさんの方にお越しいただき、夕方には美しいお花たちも完売となり、お求めいただけなかった方もあったようでございました。

と、いうことでございまして、8日(日)母の日に再度、1day flower shop をフローラルパーキングスペースにて開催致します。お母様へのプレゼントはもちろん、GW最終日のご自宅でのゆっくりとした時間に素敵なお花を飾ってお過ごしになるのはいかがでしょうか。

みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。

DPP_3156

英国展・始まりました

DPP_3180

本日4月28日(木)~5月8日(日)まで、鎌倉山・ハウスオブポタリーさんにて「英国展」が開催されています。フローラルも参加させていただいております。

ハウスオブポタリーさんの素敵な空間に、スワロウテイルガーデンさんのガーデニンググッズやツール、苗と共に、フローラルの器を置かせていただきました。普段見慣れた器もこの素敵な空間に置かれておすましさんです。そこに、アトリエドゥフルールさんが素晴らしくお花を生けこんでくださいました。

DPP_3191

ブルー&ホワイトのウィローシリーズ。昨日搬入の時には平面的に器を並べてきただけでしたが、朝参りますとこのようにエレガントな装花が。目を見張る美しさ。本当に勉強になります。

DPP_3182

入口を入ってすぐのスペースがスワロウテイルガーデンさんのコーナーです。ガーデナーである小野さんならではのプロの目に適ったガーデニンググッズは実用性にももちろん優れていますが、イギリスらしい可愛らしい色合いでどれも欲しくなってしまいます。

淡い色のグラデーションが美しいポットはKew Gardenのもの。シャベルなどのツールは、コンランショップのコンラン卿を父に持つ、ソフィー・コンランとイギリスのガーデンツールメーカーBurgon & Ballがコラボレートし開発したものだそうです。道理でパッケージまで素敵です。

DPP_3185

DPP_3183

ポットは、切り花を生けて花器として使うことも出来ますね。新しい発見です。

DPP_3200

 

 

 

カフェでは、キーマカレーや月替りメニューの美味しいランチや、ケーキなどをいただくことも出来ます。今日は美味しいランチをいただきましたが、楽しいおしゃべりで、すっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。

新緑の美しい鎌倉山。英国の風を感じにぜひお出かけくださいませ。

鎌倉市鎌倉山3-17-27

TEL0467-32-0109

11:00~17:00 会期中は無休

アクセスは、大船駅から京急バス④バス乗り場から鎌倉山行きに乗り13分、「鎌倉山」下車徒歩1分

鎌倉駅から京急バス⑥番バス乗り場から鎌倉山行に乗り23分、「鎌倉山」下車徒歩1分です。

鎌倉フローラルも通常営業いたしております。こちらは路地フェスタ期間中で「エジプトの遊牧民の刺繍展」開催中ですので、ぜひお出かけくださいませ。みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

ハウスオブポタリー・英国展

DPP_3168

明日、4月28日~5月8日まで、鎌倉山ハウス・オブ・ポタリーさんにて「英国展」が開催されます。

鎌倉山ハウス・オブ・ポタリーさん、仙台スワロウテイル・ガーデンさんとフローラルがご一緒させていただきます。

英国に関するガーデニング、エクステリア、インテリア全てに精通する荻野洋子さんのハウス・オブ・ポタリーさん。ショップ、ギャラリー、お庭全てが気負い過ぎない居心地の良いブリティッシュスタイルで、私の憧れの場所です。今年25周年を迎えられました。いつも美しく柔らかな荻野さんですが、そのほっそりとしたお姿からは想像できないほどにパワフルにお仕事をなさっていらした方で、あらゆる意味で尊敬する方。

スワロウテイル・ガーデンさんは、以前は鎌倉で、現在は仙台で活躍されているガーデナーさん。英国で石積みの勉強もなさってライセンスをお持ちの本格派です。私はまだ拝見したことがないのですが、小野さんの作るガーデンは、優しく穏やかで、そのセンスの良さが際立っていると皆さんおっしゃいます。今回は、苗やイギリスのガーデニンググッズをお持ち下さっています。日本では見たことのない、便利だけどセンスのいいツールも色々揃っていましたよ。Kew Gardenのポット(鉢)は淡いグリーンやパープルなど、素敵な色合いのものがずらり。苗は、半年前から生産者さんにお願いして育ててもらったものだそう。植物に詳しい方曰く、質が一般に出回るものとは段違いだそうです。

フローラルは、スージークーパーやシェリーなど、自然の草花に合うナチュラルな花柄の器類を持って参りました。

ここに、ハウスオブポタリー内の素敵なお花屋さん、アトリエ ドゥ フルール代表で、フラワーコーディネーターの徳原富美子さんが装花をしてくださいます。今日は、市場からたくさんの美しいお花を仕入れていらっしゃいました。これから夜まで水あげの作業が続くそうです。

アンティークが好きな方、イギリスが好きな方、ガーデニングが好きな方、植物が好きな方、インテリアが好きな方、皆さまに喜んでいただける素敵なスペースになりました。必ずお気に入りの何かに出会っていただけることと思います。何より私達が「あれも素敵」「これがカッコイイ!」と一番興奮しています。

本日の搬入の様子をチラリとだけご紹介させていただきます。まだディスプレイも完成しない途中の風景ですので小さく。

鎌倉のフローラルでは、引き続き「エジプトの遊牧民の刺繍展」を開催中です。路地フェスタ期間中でもございます。明日27日は、私はハウスオブポタリーさんに一日おります。フローラルお店番は妹と妹の愛犬に任せております。

鎌倉市鎌倉山3-17-27

TEL0467-32-0109

11:00~17:00 会期中は無休

アクセスは、大船駅から京急バス④バス乗り場から鎌倉山行きに乗り13分、「鎌倉山」下車徒歩1分

鎌倉駅から京急バス⑥番バス乗り場から鎌倉山行に乗り23分、「鎌倉山」下車徒歩1分です。

DPP_3165

新緑の美しい鎌倉、そして、鎌倉山。みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

DPP_3177

みなさん、おまちしてまーす。ポタリー看板犬・バーティより

 

1日だけのお花屋さん・ありがとうございました

DPP_3150

鎌倉路地フェスタ2日目の日曜日。朝、雨音で目が覚めた時には「がーん」という感じでしたが、Blooms by asuka yamanakaあすかさんがお花を一杯乗せたリヤカーを引いてフローラルにやってきてくれた頃には雨も上がり、無事にお花屋さんを開店することが出来ました。お昼過ぎからは、PatisserieR玲子さんも来てくださり、何とも贅沢なフローラルの店先になりました。

普段は車が停まっていて、民家感たっぷりのあの空間がこんなに素敵になるなんてね。

以前から前を通ってはいたけど、今日は入りやすかったからとおっしゃって下さった方もたくさんいらっしゃり、お花の力、お菓子の力、改めて実感しました。ありがとうございました。

今日は、寒い一日でしたが、明日からはまたお天気も回復するようです。路地フェスはまだまだ続きます。公式マップは各拠点、鎌倉駅東口出てすぐの観光案内所でお配りしております。ぜひマップを手に鎌倉の路地散策においでくださいませ。

尚、4月29日(金・祝)に、拠点no.4さかい内科胃腸科クリニックにて開催予定でした「ミャンマー支援チャリティポン菓子」ですが、先の熊本地震に伴い、さかい先生が現地からの要請を受け医療支援に入られることになりました為、中止となりました。楽しみにしてくださった皆さまには申し訳ございませんが、ご理解のほどお願い申し上げます。技術も行動力もない自分の無力さを痛感するばかりですが、このような先生がいらっしゃること、本当に心強く、尊敬し、自分なりの支援の仕方を考える日々です。明日は自分が被災者となり、助けていただく身となるかもしれないのですから。

DPP_3146

1Day Flower Shop OPEN!

DPP_3140

本日23日より鎌倉路地フェスタがスタートいたしました。お天気にも恵まれ、たくさんの方がマップを片手にお訪ね下さっています。絶好の路地散策日和ですね。フローラルは、引き続き「Nevin Altmann・エジプト遊牧民の刺繍展」を開催しております。

さて、明日24日(日)。一日だけのお花屋さんをOPENいたします。お花やさんは、もちろんBlooms by asuka yamanakaの山中あすかさんです。ロンドンで長くフローリストをなさっていたあすかさんの1day shop 。私もとても楽しみです。ヨーロッパに行きますと、お花屋さんでも八百屋さんでも何気なく、実用の木箱や紙箱に入れているだけなのに店先のデイスプレイがとても素敵ですよね。普段ちょっと寂しいフローラルの店頭が明日は華やぐと思います。

PatisseireRさんのお菓子も、エジプトをイメージした椰子の木のデザインのクッキーやデーツのクッキーなどに加え、フラワーショップに合わせてお花のクッキーも作って下さいました。玲子さんのお菓子を500円以上お求めで、その場でお召し上がりになりたい方には、お庭のテーブルで、お飲み物をサービスさせていただいております。どうぞお声掛けくださいませ。と、先日もダイアリーに書きましたら、玲子さんが「これもお付けして」とフローラルクッキーを作って下さいました!とっても可愛く、美味しいクッキー。ありがとうございます。お席は限られておりますが、どうぞみなさまご利用くださいませ。

DPP_3138

唐突ですが、フローラルのロゴマークでオリジナルトートバッグを作りました。フローラルのロゴマークは、「アンティークとお菓子とお花」。フローラルのオープンの時に義妹が描いてくれたものです。日々の生活を心豊かにしてくれるものとして欠かせない3つのもの。まさにイメージしたそのままで、手前味噌ですが、とても素敵なロゴマークだと思っています。フローラルをオープンしてからご縁をいただき、PatisserieRさんとBlooms by asuka yamanakaさんとイベントの度にご一緒させていただけるようになったことは、本当に嬉しいことです。いきいきとした華やかさと美味しさを加えていただき、ありがとうございます。

DPP_3144

サイズは、大と小2パターン。写真は小サイズです。エコバッグよりもかなりしっかりとした厚手のキャンバストートバッグです。

小サイズ 1,600円(税別) 大サイズ 1,900円(税別)

DPP_3141

さて、最後に、お忘れ物のお尋ねです。どなたか「河童」の置物をお忘れになりませんでしたか?キャビネットの下にございました。ここ数日のことです。お掃除の際にキャビネットの下に箱があるのは気付いていたのですが、Beyulの在庫の箱だと思い込んでいたのです。。ご連絡先のわかる方にはご連絡してみましたが、該当なし。どうぞ持ち主の方がこれを見てくださいますように。

Nevin Altmann展始まっております

DPP_3137

Nevin Altmann展、4月16日より始まっております。エジプトの遊牧民の可愛らしい刺繍を素敵をバッグやストールなどに仕立てた作品たち。ぜひお手にとってご覧くださいませ。上の写真は、エジプトの生活を刺繍で描いた大作で、ベッドカバーです(写真はごくごく一部分)。ご覧になった方からは「わー」という歓声があがります。

PatisserieRさんのお菓子も販売しております。フローラルのほんの小さなお庭のスペースですが、アンティークのガーデンテーブルセットを置いておりまして、八幡さまの緑とお隣のお宅のお蔵に茂りはじめたアイビーの新緑の借景でとても気持ち良いスペースになっております。PatisseireRさんのお菓子を500円以上お求めいただき、お召し上がりになりたい方には、このスペースで、アイスハーブティやコーヒーをサービスさせていただいておりますので、どうぞお気軽にお申し付けくださいませ。

そして、いよいよ23日からは、鎌倉路地フェスタも始まります。鎌倉の路地の魅力を再発見していただくこの催しは、今年で11回目。鎌倉駅から、新しくなった段葛を通り、八幡さまにお参りしていただき、雪ノ下、二階堂エリアの路地に点在するお店やギャラリーを巡っていただくのがおすすめです。公式マップは、各拠点にご用意しておりますが、鎌倉駅東口の改札を出てすぐ右側の観光案内所にもございますので、ぜひお持ちくださいませ。

日に日に新緑が美しく、ぐんぐんと大きくなっており、路地を歩いていただくには本当に気持ちのよい季節です。

24日(日)には一日のみのお花屋さんも開店いたします。みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

DPP_3134

Nevin Altmann展始まります

 

DPP_3118

明日4月16日(土)より5月1日(日)まで

Nevin Altmann展~エジプトの遊牧民とその刺繍と共に歩む女性~

を開催致します。

鎌倉路地フェスタ参加企画として、Nefer Galleryさんにご用意いただきましたが、23日(土)スタートの路地フェスタに先駆けて、明日16日よりスタート致します。

Nefer Galleryさんのクリスマスチャリティなどでコースターや小さな袋の刺繍、額などをご紹介しておりますが、今回は、バッグやストールなど、日々の装いにお使いいただける素敵なものたちがエジプトより到着しております。

エジプトにはシナイ半島、シーワオワシスなどで生活を営んでいる遊牧民に伝わる伝統刺繡があります。その美しさに惹かれたNevin Altmannさんが、その伝統を繋げて行きたいという思いから、彼女オリジナル小物をデザインし、遊牧民の女性達に刺繡をしてもらい、製作してきたのが、この作品たちです。彼女たちと友情を育んで来ただけとNevinさんはおっしゃいますが、それは、女性たちの生活を支え、伝統を繋げることとなりました。

バッグは、カイロのショップでもヨーロッパの女性たちに大人気のデニム地のものやコットン地のもの。数が限られておりますので、ぜひお早めにご来店くださいませ。

 

 

ストールもとても可愛らしくて素敵です。黒のシックなワンピースにも、白のリネンのシャツやジーンズのカジュアルな装いにもぴったりです。

Nevin Altmennの刺繡の一番の魅力は、描かれている人々、山羊、そして植物まで、皆明るく笑顔に溢れていること。Nevinさんの魔法にかけられたかのように、見る人をも笑顔にしてくれます。

FLORALだけの特別な企画展。もちろん全て手刺繍の一点ものです。お気に入りの風景、お気に入りの人の表情、動物の表情、あなただけのとっておきの一点に出逢いにぜひお出かけくださいませ。

コットンのバッグ ¥12,000

ジーンズのバッグ ¥39,500

袋もの色々 ¥2,000より

ストール ¥15,000 ¥18,000 ¥42,000

 

 

一日だけのお花やさんオープンします

IMG_20160410_0001

4月24日(日)鎌倉路地フェスタ(Nevin Altmann展)開催期間中、Blooms by asuka yamanakaさんによる、一日だけのお花やさんがフローラルにオープンします!場所は、フローラルの入口前の普段は車が置いてあるスペースです。あすかさんには、イベントごとに素敵なブーケを作っていただいていましたが、今回はあすかさんセレクトの素敵なお花たちが並びますので、お好きなものを1本からお選びいただけます。もちろんあすかさんにお任せでも良いですよね。お花の選び方、まとめ方、イギリスのお花事情など色々教えていただくのも楽しそうです。

ガーデンテーブルを出して、お花をお求めいただいた方にはアイスミントティでもお飲みいただきましょう、などとお庭にたくさん出て来たミントを見ながら考えております。

 

 

建長寺

DPP_3100

桜もそろそろ最後かしらと思いながらも、開店前に建長寺にお詣りしてまいりました。立派な三門に目を向けると、まだまだ満開の桜を見ることが出来ました。緑の葉が混じり始め、ハラハラと花びらが舞い散る様子は本当に美しいですね。写真は今朝の様子です。

建長寺・巨福山建長興国禅寺は、鎌倉五山第一位の臨済宗・建長寺派の大本山。建長五年(1253)、北条時頼が宗から来日していた高僧・蘭渓道隆を招いて建立したわが国最初の禅寺です。

創建当時の伽藍配置は,総門、三門、仏殿、法堂などの主な7つの建物が中軸上に並ぶ中国の禅宗様式の伽藍配置になっており、規模的にも大陸的な荘厳なものでしたが、14世紀~15世紀に幾度となく火災にあい、その多くが焼失しました。江戸時代に入り再建されています。多くの国宝、重要文化財を有する建長寺。ゆっくりと訪れたいですね。

フローラルのお客様でも、北鎌倉から円覚寺、東慶寺、明月院など、そして建長寺から鶴岡八幡宮をお参りしてご来店下さるかたが時々いらっしゃいます。それは大変な道のり!と思っていたのですが、実は建長寺と鶴岡八幡宮はお隣というぐらいに近いのです。北鎌倉駅からでもフローラルは2.3キロほど。これから新緑の季節を迎え気持ちのよいウォーキングもよろしいのではないでしょうか。

参加した友人から聞き、座禅会にもぜひ一度参加してみたいのですが、夕方17時からとのことで、ちょっと難しい時間。円覚寺は早朝ですので、いつか頑張ってみます。

 

英国展 at 鎌倉山ハウスオブポタリーさん

DPP_2999

4月28日(木)~5月8日(日)まで鎌倉山ハウス・オブ・ポタリーさんにて、ハウス・オブ・ポタリーさん、スワロウテイルガーデンさんと3店舗で「英国展」を開催いたします。

英国に関するガーデニング、エクステリア、インテリア全てに精通する荻野洋子さんのハウス・オブ・ポタリーさん。ショップ、ギャラリー、お庭全てが気負い過ぎない居心地の良いブリティッシュスタイルで、憧れの場所です。スワロウテイルガーデンさんは、以前は鎌倉で、現在は仙台で活躍されているガーデナーさん。今回は、英国のガーデニンググッズをたくさんお持ち下さるようです。

ハウス・オブ・ポタリーさんが、素敵なご案内DMを作って下さいました。素敵な食器たちやガーデン用品がぎっしり詰まっていて、私も参加させていただいているのにワクワクしています。それぞれのお店のカラーがありますので、その違いをご覧いただくのも楽しいかと思います。

私は、4月28日(木)、5月3日(火)の2日間、鎌倉山ハウス・オブ・ポタリーさんに一日おりますので、初夏の気持ちのよい鎌倉にぜひお遊びにいらしてくださいませ。

アクセスは、大船駅から京急バス④バス乗り場から鎌倉山行きに乗り13分、「鎌倉山」下車徒歩1分

鎌倉駅から京急バス⑥番バス乗り場から鎌倉山行に乗り23分、「鎌倉山」下車徒歩1分です。

 

英国展

 

さて、下の写真、昨日お客様がいらっしゃらない時にお庭に出てティタイムをしてみました。八幡さまの桜をみながら、プチお花見です。これから良い季節になりますので、たくさん活用していけたらいいなと思います。

今のところは、ご夫婦でいらしたお客様で、ご主人がフローラルのものにそんなにご興味がない場合、「ボクは外で待ってるよ」という時の待合テーブルになっています(^o^)お履物を脱いで上がっていただかなくてはならないので、紐靴だったりするとご面倒なのですよね。

「これは最高だね~」とみなさまおっしゃいます。はい、トタンの塀とかブロックとか薄目で遠くを見ていただけたら本当に最高の景色です!これからは、お隣のお宅の素晴らしい葡萄、アイビー、ルリマツリの緑が顔を出し始めますので楽しみです。

DPP_3001

DPP_2984

DPP_2986

DPP_2985

 

妙本寺の桜と海棠

 

DPP_2970

鎌倉駅から徒歩約5分の比企谷(ひきがやつ)にある妙本寺は、日蓮宗の寺院です。日朗を開山として文応元年(1260)に創建されました。 もとは比企能員の屋敷でありましたが、建仁3年(1203年)比企の乱で比企一族が、北条氏を中心とする大軍よって滅ぼされた地でもあります。

当時、まだ幼少で京都におり難を逃れたのが、比企大学三郎能本でした。能本は、鎌倉の町に立ち、布教をする日蓮聖人に出会います。「わが一族の菩提を弔ってほしい」と自分の屋敷を日蓮聖人に献上したのが妙本寺の始まりです。

日蓮聖人は、文応元年(1260年)比企能本の父・能員と母に「長興」、「妙本」の法号をそれぞれ授与し、この寺を「長興山 妙本寺」と名付けました。

晴天と桜・海棠の満開が重なる絶好の機会と、開店前にお参りしてまいりました。鎌倉最大級の木造建築である祖師堂はとても厳かで、そこから眺める桜と海棠はとても幻想的です。

石井麻子のサマーニット展 at 箱根やまぼうし

DPP_2932

今日も花曇りの鎌倉ですが、鶴岡八幡宮から頼朝の墓へと続く桜道の桜も満開です。青空の元の桜も美しいですが、花曇りのグレーの空にも淡い桜色が素敵です。散りゆく桜までこれから1週間は毎日違った桜の表情を見ることが出来るのが楽しみです。

 

さて、箱根やまぼうしでは、京都在住のニットアーティスト・石井麻子さんのサマーニット展が開催中です。石井先生が創りだす天使や花のモチーフの作品は、繊細で優しい雰囲気と緻密で複雑な技術が相まってため息の出るような美しさです。

こちらは新作のタペストリー『宙(ソラ)の天使たちⅣ』

DPP_2939

これからの季節にぴったりのブルーやホワイトの爽やかな配色のサマーニットたち。

DPP_2950

田部恂子さんによる、破壊される以前の美しかったシリアやアフガニスタンで探し求めたラピスラズリ・水晶・アイボリーなどの考古学的素材に、シルバーで装飾したアクサリーと共に、どうぞご覧くださいませ。

会期は、4月2日(土)~8日(金)まで。

11:00~17:00(最終日16:00)5日休館

詳しくはこちらをご覧ください。

古い投稿ページへ