FLORAL DIARY

グレインサックのバッグ

古いグレインサックや、ジュート、ビンテージの麻の布などを使って作られたバッグを色々買い付けてきました。甥のその日の洋服とあまりにぴったりだったので、コーンウォールの海辺に立ってモデルさんになってもらいました。

グレインサックとはその名の通り、穀物を入れていた麻の袋のこと。その丈夫さとシンプルな美しさでフローラルでも以前からお取り扱いをしているのですが、オリジナルは大きな袋状なので、それを使っていただくには、ご自分で糸をほどいて布状にしてからクッションにしたり、バッグにしたりしていただく必要がありました。

今回はバッグの状態で売っていたので、「バッグにしてくれたの?!」と聞いたところ、今までバッグに仕立てて売るなんて考えてもいなかったけれど、奥さんが作ったものを試しに出してみたらすごい人気だったから驚いたとのこと。「ロンドンのインテリアショップにもたくさん売ったよ😉」と何とも自慢気でした。お裁縫が出来る人にとってみては大した作業ではないのかもしれませんが、出来ない人にとっては本当に有り難いことなのですよね~。

下の写真の右のものがグレインサック。それ以外は、グレインサックではなく、ヴィンテージのしっかりとした麻やジュートから作られています。イギリスでは断然使い古された無骨なグレインサックが人気とのことでしたが、それ以外のものもとても素敵でしたのでたくさん買ってきました。

バッグのサイズは、手作りですのでそれぞれ違いますが、だいたい幅40cm 高さ35cmほどです。

甥の身長は約135cmとのことですので、大きさのご参考になさってくださいませ。大人でも肩掛け可能です。

¥5,000(税別)

8月19日(月)はお休みさせていただきます。20日(火・定休日)と合わせて連休となります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment